恐怖症改善60分チャレンジ!鈴木進 方法・評判と口コミ

鈴木進さんの「恐怖症改善60分チャレンジ!」をどこより詳しくレビューします。

 

うずくまる女性

 

 

「もう、一生どうにもならない…!」

 

絶望的に思える、恐怖、不安、トラウマを

 

わずか数分「トントン」するだけで和らげるという

 

あまり知られていない「恐怖症改善法」とは?

 

 

鈴木進さん監修の「恐怖症改善60分チャレンジ!」を購入してみました。

 

テキストの内容

※「ダウンロード版」で購入したテキストの一部です。「配送版」で購入すると印刷されたテキストが自宅まで配送されます。

 

 

 

院長 鈴木進

長年苦しめられてきた恐怖症やトラウマ(PTSD)を

 

わずか60分以内で改善できるなんて本当なのでしょうか?

 

当サイトではヒカワセラピーセンターおぎくぼ施術室の院長
鈴木進さんが監修した「恐怖症改善60分チャレンジ!」を入手し、
実際に内容を確認したうえで、その方法や効果をできるだけ詳しくご紹介していきます。

 

■監修者:鈴木進さんとは?
「ヒカワセラピーセンターおぎくぼ施術室」院長

 

社会福祉や臨床心理学で得た知識を生かし、東洋医学に基づいて
身体の気の流れを整えるとともに、東洋医学の真髄である、陰陽五行説や
経絡・ツボなどを活用したさまざまな治療活動を行っている。

 

 

 

 

あなたは「恐怖症」のためにこんな苦しみを抱えていませんか?

 

●心臓が破裂しそうなほど、バクバクしてしまう。

 

●恐怖心を感じるとその場に立っていることさえできない。

 

頭を抱える女性

●パニック状態で呼吸ができなくなったり、
 ひどい吐き気にうずくまってしまう。

 

●過呼吸や震えが止められない

 

●原因不明の恐怖心に突然襲われる。

 

●外出もできず、このままでは仕事も辞めざるを得ない。

 

●恋愛や結婚なんて一生考えられない。

 

●自分の人生に絶望感しか感じられない。

 

 

恐怖症やトラウマ(PTSD)から、一刻も早く解放されるためには、

 

海外で高い評価と信頼を得ている治療法「○○○」を使うのが一番の近道なのですが・・・
(○○○については、このページの中で「タネ明かし」させていただきます)

 

その治療法を、自宅で、自分で簡単に学べる数少ないマニュアル
それが「恐怖症改善60分チャレンジ!」です。

 

本当に、マニュアルを実践してわずか「60分」で
年齢・性別も関係なく、どんな恐怖症も緩和することができるなんて本当なのでしょうか?

 

是非もう数分だけ読み進めて、確かめてみてくださいね。

 

 

 

あなたにスペシャル特典もご用意

 

★「特典」のご案内はページの最後にあります。ごゆっくりご覧下さい。

 

 

後でこのページをゆっくりご覧になる方は、下のボタンをクリックして「お気に入り」に登録しておくと便利です。

 

 

 

マニュアルの詳細をすぐに確認したい方はこちら(公式サイト)
⇒ 恐怖症改善60分チャレンジ!60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDが改善しなければ返金

 

 

鈴木進さんは「恐怖症改善60分チャレンジ!」の効果になぜ自信満々なの?

 

 

海外で高い評価と信頼を得ている治療法「○○○」とは・・・?

 

「現代の奇跡」とまで呼ばれる最新の療法【EFT】を、

 

自宅でわかりやすく学べる、数少ない優良マニュアルです。

 

EFTロゴ

 

あらゆる「恐怖」「トラウマ」に即効性があるという「EFT」
…あなたは「うさんくさい」と思いますか?

 

たとえ「うさんくさい」と疑っていても問題ありません。
疑いながらでも「勝手に効果が出てしまう」のが「EFT」なんですね。

 

●自宅で、ひとりで恐怖症を改善できる最新の療法が、ていねいに解説されています。
●万が一、その方法で治らなければ、他に試すべき方法がたっぷりと書かれています。
●恐怖症が改善するだけでなく、その後の人生を幸せなものにする方法まで書かれています。

 

「恐怖症改善60分チャレンジ」が適応している症状

 

このマニュアルは、恐怖症、あがり症、赤面症、トラウマ、PTSD、パニック障害、強迫性障害など
心理学的に異常な反応を起こしている症状すべてに適応しています。

 

 

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

即効性のある方法で恐怖症を消し去る

 

 

 

本編テキスト目次の一部

【教材のセット内容】

 

 

■本編テキスト  160ページ
(右図は本編テキスト目次の一部です。)

 

■特典テキスト   75ページ 

 

 

 

■「EFT療法」って一体なんなの?

 

 

販売ページでは
「アメリカで開発された方法」「この教材で推奨している治療法」とだけ書かれて
実態が伏せられているのですが、「恐怖症改善60分チャレンジ!」で
中心的なノウハウとして解説されているのが「EFT」です。

 

欧米では最も信頼できる「恐怖症改善法」として知られている「EFT」ですが
日本ではこれまでほとんど紹介されることがありませんでした。

 

しかし最近、ようやく日本でもカウンセラーや心理療法士が
先を急いで学び始めている治療法でもあります。

 

EFTとは、それぞれの恐怖症にあった独自のフレーズをつぶやききながら、
決められた体のツボ(経絡)を軽くタッピング(トントンと叩く)することで、

 

恐怖症やトラウマを改善出来てしまう、「現代の奇跡」とまで呼ばれている療法なんですね。

 

タッビング経絡図

欧米では、EFTはとても広い分野の医療で実際に使われていて
恐怖症やトラウマの解消だけでなく、
禁煙治療や、スポーツ選手の精神力のアップ、

 

さらに風邪や腰痛などの不快な症状を改善する為に使われたり、
「なんだかやる気が出ない」「気分がスッキリしないな」といった
かなりボンヤリとしたトラブルの解決にも使われているそうで、

 

「なにか問題があるならとりあえずEFTを使ってみなさい」と言われるほど、
様々な症状に対して効果を発揮しているということです。

 

EFTを使って、副作用が出た例は世界中で報告されていないということで、
「効果が大きいのに、副作用の心配がない」のがEFT療法だといわれています。

 

 

■本当に「60分」で恐怖症を改善出来てしまうの?

 

このマニュアルを購入するにあたって、もっとも期待もするし
もっとも「胡散くさい」と感じるのもこの部分だと思います。

 

本当に、たった60分のチャレンジで恐怖症を克服することができるのか・・・?

 

このもっとも重要な部分について、ホンネで言えば・・・
教材を最初から順番に読んでいけば
「60分」で改善することは、おそらく「無理」なのではないでしょうか。

 

 

本当に「60分」で恐怖症を改善出来てしまうの?

ただそれは、このマニュアルが詐欺的なものだということではなく
いきなり「56ページから81ページ」の部分だけを先に読んでしまえば
恐怖症を60分で克服することは本当に「可能」だと思います。

 

EFTを実際に自分で行う方法について詳しく解説しているのが、
テキストの56ページから81ページの部分です。

 

テキストの最初の方には、恐怖症に関する基礎知識や
これからこのテキストに取り組んでいく心構えなどが書かれています。

 

ですから、1ページ目からじっくりと読んでいけば、
ある程度の時間が必要だとは思いますが、

 

どうしても急ぐ理由があるのであれば、
EFTに関する部分だけを最初に読んで、すぐに実践してみれば、
おそらく60分以内であなたの恐怖症を消し去ってしまうことはできるでしょう。

 

でも、個人的にはそんなタイムレースのようなスピードにこだわるよりも
じっくりと読み込んで、恐怖症やEFTに関する知識を深めたほうが
後々の効果に良い結果をもたらすのではないかと感じました。

 

■ひとりで、道具も必要なく、即効性がある。

 

EFTを行うのに必要なものは自分の体(指先)だけで、道具などをまったく必要としません。

 

つまり、強い恐怖や不安を感じたら、いつでも、どこでも「その場で」トントンして
簡単にマイナスの感情を取り除くことができるんです。

 

長い期間の訓練や修行が必要なわけでもありませんし、
即効性もあるので努力や根気が必要ないのです。

 

 

■なぜ鈴木進さんの「恐怖症改善60分チャレンジ!」で学ぶ必要があるのか?

 

確かにEFTはアメリカで生まれた治療法ですし
ネット名とで調べると欧米の専門書籍を日本語に訳したものも出版されています。

EFT専門書

 

もちろん価格的にも一般の書籍であれば、せいぜい数千円程度ですから
「恐怖症改善60分チャレンジ!」より安く手に入れることができますよね、

 

ただ、専門書はやはり「学術的」な色合いが強いので
自分ひとりで試そうとすると、ちょっと実用的ではない部分も多いようです。

 

EFTは、自分で実践するのにちょっとしたコツが必要なんです。
(特に、トントンとタッビングするときに言う「フレーズ選び」などが重要です)

 

 

実際、鈴木進さんによればEFTを試しても効果が出にくい方は、
ほとんど、この「コツ」がつかめていないからなんだそうです。

 

女性

鈴木さんの解説は、このコツの部分が非常にていねいです。
それは、「恐怖症改善60分チャレンジ!」が学術書ではなく
「実用書」として書かれているからなんですね。

 

「あまり効果が感じられないな」と感じた場合にも
「もし効果が出にくかったら」という項目で
きっちりと解説がされていますのでいつでも修正することが
可能なんです。

 

この点は、学術書を日本語に訳した・・・
という本とは明らかに違う分かりやすさがあるんですね。
迷わず、失敗せず、という点で考えれば「恐怖症改善60分チャレンジ!」はポイントが高いと感じました。

 

 

マニュアルの詳細を確認したい方はこちら(公式サイト)
⇒ 恐怖症改善60分チャレンジ!60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDが改善しなければ返金

 

 

次のページでは「EFT」についてくわしく見ていきます。

 

次のページへ⇒ EFTとは? | 恐怖症改善60分チャレンジ!

 

当サイトだけの特典付きでのお申込み

 

当サイトを経由して「恐怖症改善60分チャレンジ」をお申し込みの方だけに

 

特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

特典セットの内容や特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

ご購入特典を確認する

 

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

即効性のある方法で恐怖症を消し去る

 

 

【コラム】恐怖症の種類

恐怖症

 

恐怖症・・・・・というと皆さんどんなものが浮かびますか?

 

有名なものでは

対人恐怖症(男性恐怖症・女性恐怖症)、 
視線恐怖症
対面恐怖症
暗闇恐怖症
閉所恐怖症

 

そのほかにも耳慣れないものとして

嫌疑恐怖症
地震恐怖症
縁起恐怖症
涜神恐怖症
不完全恐怖症
疾病恐怖症

など、作るといくらでも作れそうな感じです。

 

そう、誰もが「新しい恐怖」を作り出すことができるわけです。
ここで、それぞれ代表的なものとあまり耳慣れないもの、
両面からどんな症状なのかということを見ていきましょう。

 

 

 

対人恐怖症(男性恐怖症・女性恐怖症)
視線恐怖症
対面恐怖症

 

対人恐怖

 

いずれも「人」に関する恐怖。

 

男性恐怖症や女性恐怖症
過去に自分が何か耐えがたい精神的、
肉体的な苦痛を与えられたために、「それ」に関する一切を体も脳も受け付けなくなっている症状。

男性恐怖症理由例: 大好きな人に振られた、乱暴された、傷つけられた、騙された・・・など。
女性恐怖症理由例: 振られた、馬鹿にされた、詐欺にあった、利用された、傷つけられた・・・・・・など。

 

視線恐怖症
「人の目が気になる」「いつも誰かに見られているような気がする」といった
監視されていたり、自分が好奇の目にさらされていると思ってしまう。 
そして異常に過敏になって他のことも手につかなくなるような状態のこと。

 

対面恐怖症
文字通り「人と向き合うことが怖い」という「人と接することが怖い、苦手、出来ない」というもの。
きっかけとしてはやはり、心理的、精神的なものの「トラウマ」的要素があり、
恥ずかしい思いをした、嫌な思いをした、怖い思いをした・・・・・などが主な理由になることが多いものです。

 

個人差はあるのですが、これらの対人の恐怖症は一般的な症状として
男性に触れられると強い不安感に駆られたり、男性と話すとひどく赤面したり、
男性と一緒にいることに耐えられないといった病的な心理になります。

 

中には男性が近づいてきただけで不安を感じる人もいるのです。
女性との交流を極度に恐れたり、女性と話すとひどく赤面したり、
女性と一緒にいると不快感を覚えるといった病的な心理のことで、
ただし男性の中には思春期に、これに似た症状を一時的に経験することがあります。

 

暗闇恐怖症

 

暗闇恐怖症、閉所恐怖症
暗い場所、狭い場所が苦手なもの。
よく小さい頃に怒られて、暗い狭い押入れや倉庫などに入れられた子供が
大きくなってもそのことを思い出してしまい、
同じような場所やシチュエーションになると「怖い!もうダメ」ということになります。
やはりその時に植えつけられた恐怖感が思い出されてしまって心が逆戻りすることで起こると思われます。
同時にその時から、足踏み状態の心がある・・・・・観念があるといえます。

 

 

 

あまりなじみのない恐怖症に触れていきますと、

 

嫌疑恐怖症
人の物を盗んだと疑われるのではないか? と心配になる現象。
例えば、会社などでお金がなくなった時などに、
自分が犯人だと思われるのではないかと不安になってしまう症状です。
自分が人の物を盗んだと思われるのではないかと感じてしまい、
人間関係を悪くしている人も多い、一種の「妄想」というスタンスです。

 

地震恐怖症(予期恐怖症)
地震が来るのではないかと不安を感じる強迫観念。
名前の通り、地震が起こるのではないかと不安になってしまうものです。
テレビで地震のニュースなどを見たり聞いたりすると、
これが「きっかけ」になり、恐怖感や不安感を強く感じるように思います。

 

この地震恐怖は、予期恐怖や予期不安から来ることなのだと思います。
つまり、これから先のことに対して不安を感じてしまうということになり、
こういう見方をすると、これからの生活がどうなるのだろうかと
不安を感じたり、戦争が起こったらどうしようと不安になったり、リストラで首にされたらとか、会社が倒産したらとか、
今は、こういう予期恐怖や予期不安に悩んでいる人が、むしろ増えているのではないかと思います。

 

また、地震や自然災害を経験した人がトラウマになってしまい心のケアを受けなくてはいけないパターンもあります。
これは、経験により恐怖を味わい、精神的な観念が傷ついた場合の典型的症状です。

 

恐怖心

 

縁起恐怖症
4とか9という数字など、縁起の悪いことが気になってしまう。

 

ある縁起恐怖症の人は、朝起きてから寝るまでに、
決まった通りの行動を取らないと気になってしまうということで、
歯ブラシを使う回数から、歯を磨く時間、顔を何回洗うか、服は何を着るか、
玄関からは右足で出るかといった具合に、自分の取る行動の一つ一つが
決めた通りになっているかが気になってしまうということがあるのです。

 

このため、会社での仕事が上の空になり、ミスや失敗を犯すことが
多くなるという、現実的な問題が起こっていることも多いものです。

 

涜神恐怖症
神や仏を冒涜するような観念が浮かび辛くなってしまう。
人に嘘をついたり、お墓参りをきちんとしないなどで、
神様を冒涜したのではないかと気になってしまうのが、
涜神恐怖(とくしんきょうふ)と言われている強迫観念症の症状になります。

 

この症状の背景には、人に嘘をつくことは、決してあってはならないことである、という
「かくあるべし」の考えがあると言って良いと思います。
道徳や、宗教の教えに忠実な人の方が、むしろ、この涜神恐怖の症状に悩むことが多いのではないかと思います。
つまり、人に嘘をつくことは、どんなことがあってもいけないことであるという考えがあると、
この裏返しとして、人に嘘をついてしまったらどうしようという不安も強くなってくるものなのです。

 

戸締り確認

 

不完全恐怖症
ガスの元栓や戸締まりなどを何回も見直してしまう。

 

不完全恐怖は、不完全恐怖症や、確認恐怖症、確認癖とも呼ばれますが、
例えば、ガスの元栓を、ちゃんと閉めたかどうか、戸締まりのカギを閉めたかどうかと気になってしまい、
何度も、これを確認してしまう・・という形で現れる症状です。

 

また、書類やレポートを書くのに、ちょっとしたところが不完全に思えてしまい、
何度も確認し直したりして、時間が非常にかかってしまうという形で現れることもあります。
つまり、自分のしたことに自信が持てず、不完全に感じてしまい、
何度も確認してしまう癖がついている状態だと言って良いと思います。

 

疾病恐怖症
ガンやエイズ、精神病にかかっているのではないかと不安になったりする。
疾病恐怖症は、疾病恐怖や心気症、心気神経症、病気恐怖とも言われますが、
強迫神経症の一種であり、自分が重い病気になってしまうのではないかと不安になり恐怖感を持ってしまう症状になります。

 

疾病恐怖症の中でも、ガン恐怖症や、エイズ恐怖症、心臓病恐怖、精神病恐怖が多く見られるものです。
現代社会においても、死亡率の上位を占めるガンやエイズ、心臓病は、
死に直結する病気ということで、どうしても不安を抱きやすいのだと思います。

 

 

 

 

サイト登録宣伝無料AUL 無料相互リンク