EFTとは? | 恐怖症改善60分チャレンジ

【恐怖症改善60分チャレンジ!】の中心ノウハウ「EFT」療法とは?

 

このページでは「EFT」について少しくわしく見ていきます。

 

 

 

喜ぶ女性

前のページでもお伝えしたように、

 

【恐怖症改善60分チャレンジ!】の中心となる恐怖症・トラウマ解消法は
「EFT」という療法です。

 

 

■ツボをトントンすることで、感情をコントロールする?

 

道具などを必要とせず、自分の指で「あるポイント」をトントンとタッビングするだけで
あっという間に恐怖などのマイナスの感情を消し去ることができるという
すぐには信じられないような治療法です。

 

 

ポイントは・・・

●「トントン」するだけなので、いつでも、どこでもできる。

 

 

●誰にも頼らず、自分ひとりで出来る(他人にお願いするストレスがない)

 

 

●しかも、即効性があり、その場で効果を実感できる。

 

というもので、「奇跡の治療法」と呼ばれるのも納得がいきます。

 

ただ、EFTにも難点があるんです。

●学術的な本が多く、自分ひとりで学ぶには難しいものが多い。

 

 

●タッビングの時に使う(言葉)フレーズにちょっとしたコツが必要。

 

 

●日本には専門家が少なく、そのコツを分かりやすく伝えてくれる人がいない。

 

 

女性医師

こうした難点をクリアして、
誰でも簡単に、しかも正しくEFTを行えるように作成されたマニュアルが
鈴木進さんの【恐怖症改善60分チャレンジ!】です。

 

【恐怖症改善60分チャレンジ!】は
EFTの方法を実用書として一般の人にも分かりやすくまとめてあって、

 

テキスト「56〜81ページ」の25ページほどを読んだだけでも
すぐにEFTを自分で試してみる事ができます。

 

これが「60分チャレンジ」とタイトルされている根拠なのだと思います。

 

ただ、個人的には、それでもテキストは最初から
じっくりとに読むことをお勧めしたい気がします。

 

テキストをしっかりと読むことで、自分の恐怖症の本当の原因や、
EFT療法がなぜ効果があるのかなどを深く理解することができますから
その後の効果を得やすいと感じるからです。

 

 

EFT療法を行う方法

※テキスト内では、このあたりでEFT療法を行う方法が解説されています。

 

かなりはしょって書かれている部分ですが
「とにかく早く試したい!」というちょっとせっかちな方はここだけ読めば実践できます。

 

公式サイトで鈴木進さんが「この療法は私が開発したものではありません」と書いているように、

 

このEFTという療法は、アメリカのロジャー・キャラハン博士によって考案された
TFT(thought field therapy 思考場療法)という治療法をベースにして作られたものです。

 

どちらかというと、東洋医学的な「ツボ」の考え方に近いもので
「経絡と感情がつながっている」という原理を応用しています。

 

 

マニュアルの詳細を確認したい方はこちら(公式サイト)
⇒ 恐怖症改善60分チャレンジ!60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDが改善しなければ返金

 

 

■「TFT」と「EFT」の違いとは?

 

EFT協会ロゴ

EFTの元になっているTFTも「あるフレーズ」を言いながら
ツボをタッビングして刺激するという基本は同じなのですが、

 

TFTは、症状や恐怖の対象によってトントンする場所や順番を変える必要があり、
専門的な知識を持った人でないと、なかなか実践が難しいんですね。

 

TFTの方は、私たち一般人が自分の手で行うのはちょっと無理かもしれません。

 

そこで、このTFTを学んだゲアリークレーグという人が、
専門的な知識がなくても、すぐに使えて、効果のある方法はないかと研究した結果
誕生したのがEFT(emotional freedom techniques)なんです。

 

EFTなら、どんな症状に対してもすべて同じ手順でタッビングを行えるので、
誰もが気軽に使うことができる治療法として人気を集め、欧米で確立されました。

 

このEFT療法を生み出したゲアリークレーグさんは、
実は医者でもなく、セラピストとでもなく、
本職は「エンジニア」なのだそうです。

 

「エンジニア」が生み出しただけに「精神論」や「迷信っぽい」部分がなく、
理論的に説明されているのがとても興味深い気がしました。

 

 

マニュアルの詳細を確認したい方はこちら(公式サイト)
⇒ 恐怖症改善60分チャレンジ!60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDが改善しなければ返金

 

「EFT」の効果は本当なの?

 

ある意味、EFTは魔法のような療法なのですが・・・
気になるのは「本当に効果があるの?安全な方法なの?」ということですよね。

 

即効性があって、しかも簡単な方法なので
かえって「本当に大丈夫なの?」とつい心配になってしまいますが・・・

 

■そんなに効果がある方法なら、なぜお医者さんが教えてくれないの?

 

とても疑問ですよね。

 

医師のアドバイスは?

この理由については、いろいろと調べてみると
日本で主流になっている先端医療(西洋医学)は、あくまでも
表面に現れた症状を抑えこむ「対症療法」が中心だということですね。

 

ですから「恐怖心」という現象に対して
クスリを使って抑え込む・・・という考え方になります。

 

これだと、恐怖の対象や根本的な原因を取り除くことはできませんから
クスリの効果が切れれば、症状はくりかえされるだけです。

 

しかも、「恐怖症専門」のクスリがあるわけではありませんから
抗うつ剤の一種を使うこともあって、
クスリの効果も不確実なものになってしまいます。

 

また、もう一つの原因は・・・

 

大量の薬剤

製薬会社と医師(病院)との関係もあるようですね。

 

恐怖症のような「精神の病」と言われているものや
糖尿病、高血圧などの生活習慣病は
クスリのメーカーにとって「ドル箱」なんです。

 

これらの病気は、病院ではたいてい
「完治は難しいので、薬を使いながら様子を見ていきましょう」と
いわれるものばかり。

 

つまり、いつまでも高額な薬を使い続けてくれる「良いお客さん」だというわけです。

 

完治させずに、いつまでも薬を使い続けさせる・・・
そんな悲しい現実も存在しているようです。

 

 

マニュアルの詳細を確認したい方はこちら(公式サイト)
⇒ 恐怖症改善60分チャレンジ!60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDが改善しなければ返金

 

 

 

■どれくらいで効果を実感できるの?

 

解放感

【恐怖症改善60分チャレンジ!】のテキストの中で鈴木さんは

 

「EFTを2〜3回やっただけで恐怖症が完全に治ってしまう方が多数います。
たったの数分で。
信じられないでしょうが、多くの症例からわかっている事実なのです。」
(テキスト本文より引用)

 

とおっしゃっています。

 

もし、2,3回で治らなくても
恐怖心が起きたらその場で「トントン」すれば即効で恐怖心を軽くできますし
それをくりかえすことで自然に完治に向かっていくといいます。

 

しかも、ほとんどの方が「恐怖症改善60分チャレンジ!」を
半信半疑、ダメもとという疑いの気持ちをもって始めて、それでも効果が出てしまっている事実。

 

これは、「恐怖心を認める」とか「気にしない」というような精神論でなく、
ツボをタッビングするという物理的な方法なので
信じる、信じないにほとんど関係なく効果が出ているということなのでしょうね。

 

【恐怖症改善60分チャレンジ!】では、この「EFT」の手順が、
わかりやすく、しかもコンパクトに解説されています。

 

●まず、自分の解決したい問題をハッキリさせる。
●問題点、治したい点を確認する。
●タッピングのときに口にする「フレーズ」を作る。
●フレーズを言いながらタッピングする。
●タッピングの順番・・・

 

 

ここまで分かりやすく、本当に必要な部分だけをコンパクトにまとめたテキストは
私の探した限りでは、他にはありませんでした。

 

タッビングポイント

試しに「amazon」で洋書をチェックしてみると
EFT を扱っている書籍が数千件単位でヒットします。

 

それでけ欧米ではポピュラーに受け入れられているものだし
もし、EFTがインチキな療法だとしたら、
これほどまでに書籍が出回ることもないでしょうね。

 

訴訟社会のアメリカで、詐欺的なものが
ここまで一般化するとも思えませんから、
EFTに対して、一定の信頼性はあるものと考えてよさそうです。

 

 

マニュアルの詳細を確認したい方はこちら(公式サイト)
⇒ 恐怖症改善60分チャレンジ!60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDが改善しなければ返金

 

 

 

特典付きのお申し込みはこちらから

 

当サイトを経由して「恐怖症改善60分チャレンジ」をお申し込みの方だけに

 

特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

特典セットの内容や特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

ご購入特典を確認する

 

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

即効性のある方法で恐怖症を消し去る